個別配達に特化!ドライバー求人

個人での利用が増加したのが大きな理由

従来の運送業は集配所単位で動く大掛かりなものが主流であり、個人宅への配達は付随業務の一環にとどまっていました。これは荷物は集配所で管理され、受取主が個別に訪れるシステムが普通だったためです。しかし、個別配達がサービスの一環として普及した他、ネットオークションや通信販売を利用する人が増えたことにより、少数の荷物を複数の個人宅へ配達する業務が主流となりました。そのため、大型トラックを運転して集配所の間を行き来する従来のスタイルから、小型トラックによる個別配達が運送業の中心となったのです。ドライバー求人の内容も変わり、使用する車両が小型トラックになったことから普通自動車免許しか持っていない人でも運送業に従事するケースが増加しています。

個別配達は短時間勤務も可能だが欠点もある

個別配達は営業地域が限定されているので、主婦のパート勤務など短時間勤務で従事することができます。運送業のスタイルが変化したことにより、今まではごく少数にとどまっていた女性ドライバーの数が増加傾向にあるのです。扱う荷物の数によっては軽トラックや三輪バイクであるトライクを使用するケースも増えているのでより効率的な配達が可能になっています。その一方で短時間の仕事は給料が十分な金額に至らない問題もあります。また、会社によっては扱う荷物の個数で給料が変わる歩合制を取っている所もあるため、必ずしも理想の仕事とは言い切れない一面があることは否定できません。車両の維持費をドライバーが負担するケースもあるため、運送の仕事に就きたいと考えている人は求人の内容をよく確認して慎重に判断する必要があります。

© Copyright Truck Driver Controls. All Rights Reserved.